スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民法改正国民シンポジウム@明治大学

昨日はまる一日、明治大学で行われた民法改正のシンポジウムに行ってきました。
上智大学の加藤先生を中心としたグループが主催されたもので、シンポジウムでは学者、弁護士以外にも司法書士、経団連、連合、消費者団体など様々な団体の関係者が参加してそれぞれの視点から発言・提言されており非常に開かれている印象を持ちました。多くの立場の方々から民法改正をする合理的な理由を示してほしいという趣旨の意見が出たのが興味ぶかかった。また、同じ司法書士の赤松先生、初瀬先生の提言にも実務家の視点として思慮深いものがあって勇気づけられた。
何故今、民法改正なのかをズバリと説明するのはおそらく難しいのだろうが、加藤先生も言われていたように制定から110年経って法律制定時から社会全体が大きく変化していること、それによって少しずつ民法自体にほころびがみられ、いずれ改正が必要になるので今から手当てをしておこう・・ということなんだろう。個人的にはもう少し胸に響く理由がほしいと感じる。シンポジウム全体でも良く出てきた言葉で「壊れていないものを特別な理由もなく直す必要はない」という意見は傾聴に値する。
まだ、良く理解していない民法改正の流れなのでこれから多くの意見を聞いて自分の考えを整理していきたい。
奥西
スポンサーサイト
プロフィール

勉強会メンバー

Author:勉強会メンバー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。