スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4回法制審のテーマ

 今回の議事録をみて個人的に一番納得しやすかったのは深山委員の解除に対する姿勢だった。僕以外にも多くの人が支持できる感覚でないかと思う。第4回のテーマで一番重要なのは契約解除の本来的な意味合いと法制度の立て方のように思える。本来的な意味合いは濃淡の差はあれ多くが一致するようであるが、そこから法制度を導くための手法や理論構成はかなり幅があるようだ。実務的な考え方としては、あまり複雑な要件を決めて欲しくないといったところだろうか。そういった意味においても深山さんの理論立ては腑に落ちやすく、実務に馴染み易いのではないかと思った。
 解除の効果に関しては、「市民にわかり易い民法」と「市民も読みやすい民法」の両立ができるように工夫が必要なのだろう(この場面に限らないが)と思った。
スポンサーサイト

家族法改正

 先日家族法改正の勉強会があった。いろいろな意見がでていたけど個人的には婚姻年齢の話題と非嫡出子の相続分の話題が面白かった。婚姻年齢に関しては、男女で差を設けることの意味は中々見出しにくい。女性が16歳であって男性が18歳であることの由来は、詳しくは理解していないが、女性の方が早く精神的に成長するという事と、肉体的なことなどが考えられる。これに比べて男性の18歳は、外国がそうだということくらいで特に思いつかない。
 非嫡出子に関しては、子供中心に考えると差を設ける合理性がないようにも思えるが、この制度を廃止する前提としては夫婦の財産形成における寄与度を確立して考慮されていく方法とセットではないかとも考えるようになった。
プロフィール

勉強会メンバー

Author:勉強会メンバー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。